CULTURE 会社を知る

職種紹介生産本部

生産企画部

製品の生産計画の策定や生産事業所の選定を行います。生産する個数や納期・仕様情報など製品を生産する際に必要な情報を関係部門に確認しながら作業を進めます。製品生産における各部門の調整役で、交渉力・コミュニケーション力が必要になります。

Interview
仕事をする上で大変なことは?

製品には納期があります。得意先側の要望と工場での生産状況を踏まえながら、日程の調整をすることが大変なときもあります。得意先の要望に合わせると、工場や他部署の方々に短納期で対応してもらう日程を立案することもあります。こちらの要望を汲んで対応・協力してくださることにいつも感謝しながら仕事をしています。仕事で大変なことがあっても、当社は働きやすい環境が整っているので、メリハリの効いた生活が送れます。そのため仕事のモチベーションは保ちやすいです。 2014年度 新卒入社 A.T.

生産技術部

製造工程でのモノづくりの流れを立案、具現化する部門です。 設備・機械の設計・改良、工程の設計、不良やロスの低減設備の保全などを担います。 ゴム素材開発、押し出し・仕上げ工法開発、工程設計・構築、設備保全まで、業務範囲は多岐に渡ります。

Interview
仕事をする上で必要なことは?

新製品を作る際の工程設計を担当しています。具体的には、製品を製造する工場、使用する設備と台数、作業員の人数など、製品を生産する上で必要なことを決める業務です。 この業務では、製品の作り方はもちろんですが、各工場が所有する設備のすべてを把握しておくことが必要です。これらを把握することは大変ですが、先輩に質問したり、工場に足繁く通って現場の方々と話ながら学んでいます。 2019年度 新卒入社 R.O.

工場技術課

工場内で製品が生産される工程を改善・管理する部門です。 より高品質・低コスト2つの観点で改善活動を行います。また、生産する製品に不具合が発生した際の原因究明も行います。工場全体の状態に加えて、製品・材料の情報も把握するなど幅広い知識が必要な部門です。

Interview
仕事を通じて成長したところは?

仕事に対しては年々自発的に向き合うようになっています。仕事をする上で、上からの指示に従うよりも自分の意見を聞かれることが多く、そういった雰囲気もあり成長につながっています。私は工場での生産活動の改善や、製品に不具合があった際の原因究明が主な業務で、工場全体を幅広く把握することが必要になります。今は工場の現状は自分が一番把握しているという意識で仕事をしています。 2016年度 新卒入社 T.M.